sitelogo.png

交通遺児・孤児 東日本大震災・津波遺児 支援団体
HOPE JAPAN PROJECTS

HOME > ABOUT US

ホープジャパンプロジェクツとは

ホープジャパンプロジェクツとは?

遺された子供達の未来が少しでも明るくなるように。
私たち「ホープジャパンプロジェクツ」は交通事故により保護者を失い交通遺児・孤児となった子供達や
東日本大震災の復興支援のための募金活動を行っています。

HOPE JAPAN PROJECTS

当プロジェクトの発起人 株式会社ビーエスエスのステータス事業部「トリプルエス」では、リムジンパフォーマンスにより日頃から交通事業に携わっています。
東海地方では毎年、500人程の子供達が交通事故によって親を失い、遺児・孤児となっており
交通事業に携わる企業と致しまして、交通遺児・孤児への募金活動・交通災害者のご家族への支援活動をするため
「HOPE JAPAN PROJECTS」が生まれました。

私たちにできること

毎年500人の遺児、孤児達が新たに生まれ
また、記憶に新しい東日本大震災では、実に1500人以上の子供達が遺児・孤児となりました。
震災によって孤児となった子供達は親族に受け入れられていますが、そういった受け入れ世帯の3割強が被災して
職を失っているため、彼らを助けるためには子供の保護者への経済的支援が大きな課題となっています。

遺された子供達の未来が少しでも明るくなるように。
私たちできることとして交通事故により保護者を失い交通遺児・孤児となった子供達や
東日本大震災の復興支援のための募金活動・関連グッズ販売・また、様々なイベントの開催を行っています。

すべての子供達の明るい未来のためご協賛していただける企業様、団体様を募集させていただいております。

詳しい活動内容については、こちらをご覧ください